FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケンタの誕生日だ~!フライングおめでとう!

ブログネタを探し続けて早三千里。
とそんなところに誰かの誕生日が舞い込んでくる。

1月10日は髙田健太の誕生日だぞ~!祝え~!世界~!

私はケンタの1個下の学年(96ねんちぇい)なのですが、とても幸せです。
95のアイドルに目がないのが私です。全くありません。
韓国のアイドルでも日本の芸能人でも、あ、この人めっちゃすこ~!という人がいれば95年生まれかどうかを確認するためにまずググります。どうでもいいことに重要性を持たせる。それが、をたくの仕事です。
95のケンタは、私に95という概念を教えてくれました(?)。
年上でありながら、同じ時代を生きてきた共感。学校の一個上の先輩♡という過ぎし日の学生時代の架空妄想。
この世界線に…!感謝っ…!圧倒的感謝っ…!
20190108120725ffb.jpeg




私はプデュ見てたとき、ケンタのこと、サンギュンが抱いていたケンタへの印象と同じだった。
「日本人おるやん」って(雑)。
私がケンタのことを好きになったのはプデュでもなくプデュ後のソロ活動でもなくプリンシックスでもなくJBJがはじまってからやっとだった。リアリティを見て、音楽番組を見て、VLIVE見て、バラエティ見て、ペンミで見て。本当に大好きになった決め手は、去年のバレンタインライブの日のケンタのステージを見てからだった…めっちゃかっこよかった。これ以上言葉にできない。
6人いて、ひとりだけ明らかに目線を奪っていく人がいた。
生でステージ見てケンタペンにならない人いるのかなって感じだった。ダンスがうまいだけじゃない。ステージの上で発揮する魅力。僕は必ず輝きます、ってこういうことか。近くて遠い存在の演出。ザアイドル…!好き。
ジェプクオになってからの雑誌のインタビューで、ケンタがステージに立つときに意識していることは?みたいな質問でファンの皆さんと目を合わせることって書いてあったの、いやほんとそれな。踊りながらファンに笑顔で優しい目配せめっちゃするの6人の中でケンタだけで、私ケンタばっか見ちゃった。あれはもう目配せの次元超えてんだよね(?)。ほんとファンと一緒に楽しもうみたいな精神めちゃくちゃ伝わってきて、しかもなにがやばいってMoonlightとかSayMyNameみたいなかっこいい曲とかになると一切ファンのこと見なくなって超真剣なかっこいい眼差しで踊んのにはいや〜〜〜やられた!ギャップ落ちってこのこと?!あれは落ちる!サンギュンのイケメンの顔見に行ったのに、ケンタに骨抜きにされて帰ってきた〜〜〜〜!!!
その日あまりにもかっこよかったケンタへの心の余韻を消したくなくて寝たくなかった。リアコドルの爆誕。
歳をとって腰曲がりババアになっても見に行くよ、あんたのこと。と誓った。(誰?)

ケンタといえば、前向き!まず実行!のイメージ。
ケンタは私にないものを持ちすぎていて怖い。でも、ケンタも私と同じ人間。同じ民族。同じ国籍。同じ人間だけど、今のケンタになるよう努力したのはケンタで、私は私になるために努力できてないから、ケンタが持ってるものを私は持ってない。人間ってできないことをできる人を羨ましいと思うし、でもいくら努力してもできないことがある。それはケンタにだってあると思うのに、でもケンタの「できない」は本当に努力に全力を尽くしたときだけなんだろうなあ。
ケンタには「誰だって後悔はするでしょ、そりゃ後悔しないことなんかないよ」、みたいなスタンスを感じる。
私は物事の後に後悔する。でもケンタは物事の前に後悔を恐れないからあんなふうに実行に移せるんだろうなと。
いつも全力で熱心だから、後悔という言葉はケンタ自身が自分の中に作らないだろうって前は思ってたけど。
うまくやれてたのに、もっと高みを望んで無理矢理後悔を作り上げようとする人いない?私はいつもそうです。高みを望むからこそネガティブになってしまいます。向上心があることはいいことだけど、後悔を作り上げるのは重荷になっちゃうね。
でもケンタの前向きさにいつも無理矢理さは感じない。爽やかさも素直さも感じる。多分後悔を恐れないから。
だからなのかはわからないけどケンタのこと見てると勇気が出る気がして…なんの勇気かは知らんけど。「なんだ。あえて後悔を作り出さなくても、後悔するかどうかはとりあえず置いといて、無性に進んで、気づいたら私の人生後悔だらけだなハハハ、でいいんだ。」みたいな軽い気持ちに。させてくれる気がするゾ…
私はケンタの持つポジティブさはひとえにポジティブと言っても、「まあいいや」で忘れ去るポジティブでは決してないと思う。ケンタがそうであるからこそ、私はケンタの一生懸命のステージが、ケンタがなにか後悔したステージであったとしても、いつもそれがベストのステージだと感じると思う。
ごめん。ちょっと全体的に何言ってるかわかんない。 うんちみたいな文章力。
髙田健太ペンの皆様、お許しください。

誰よりも努力しているケンタを嫌う人は誰もいないよ。努力が魅力になって魅力が才能になっていくことも知ってる。
これからのケンタの道がさらに幸せなものであるようにそのほんの一部のお手伝いとして、変わらず応援していきます。

いつも前向きに生きる一歩を私にくれる、輝きに満ちたケンタ。
お誕生日おめでとうございます。

201901081207258a2.jpeg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。